レンタルサーバーの選択

WEBサイトのレンタルサーバー選択方法

ドメイン取得のあとはWEBサイトのレンタルサーバーを選びましょう。

格安レンタルサーバーもたくさんでていますので、使用目的にあったサーバー選びが大切です。

商用サイト作成の場合は、顧客の個人情報を管理する必要もありますので、ssl機能のついた信頼性のあるレンタルサーバーが必要になってきます。企業サイトやネットショップの場合も、稼働率やクレジット決済など信頼性の高いものを選ぶ必要があります。

趣味でウェブサイトを作成する場合、コンテンツ内容がテキストのみの場合は格安サーバーでも問題ないですが、画像や動画などが中心となるサイトの場合、ある程度の容量があるサーバーを選択する必要があります。

さらに、訪問者が多くなることが予想される場合には、転送量制限のないものを選ばなければ、のちのち追加料金がかかることもあります。

一般的に、企業が利用するようなメジャーなレンタルサーバーには、利用料金が高額のものが多いですが、実際利用してみると、案外サーバーが重かったり、利用料金にみあった内容である場合は少ないものです。

というのも、高額なレンタルサーバー会社の場合、広告費やサポート体制でコストがかかっているケースが多いですが、広告費はサーバーの中身とは関係ないですし、サポートもほとんど受ける機会がないのが実際かと思います。

基本的なことはヘルプにのっていますし、のっていないようなことを聞いても、「サポート外です。」といわれることが多いものです。

そのようなことを考えると、むしろコスト削減に真剣に取り組んでいる格安レンタルサーバーの方が、ユーザーへの対応が丁寧だったり、機能的にも付加価値が高いというケースが多いものです。

初めてのWEB作成 > WEB作成の第1歩 > WEBサイトの種類 > ドメインの取得 > レンタルサーバーの選択 > HTMLの書き方 > CSSの書き方 > WEBデザインの方法 > WEB作成と集客