htmlの書き方

ホームページのhtmlの書き方

ホームページ作成の際のhtmlの書き方ですが、必要な時にだけ参照して、その都度 html に記入していくという方法が簡単だと思います。

例えば、リンクタグの <a href=" ですが、リンクするたびに html タグをキーボードで直接記入している人はほとんどいないはずです。たいていは、よく使う html タグをメモ帳などにリストアップしておいて、コピペでタグを記入しているケースが多いと思います。

例えば、私の場合、このぐらいのタグでほとんどの場合は用が足ります。

メモ帳にあるhtmlタグの例

たまに、リスト表示をする場合や、フォントの色彩を変える場合はその都度ネット上で参照しますが、htmlタグを暗記しなくてもサイトを作成するのに困ることはありません。

ブログの場合は、基本的に編集ツールで鎖のボタンを押すと自動的にリンクの html タグが挿入されますが、レンタルサーバーなどの場合は、直接タグを記入しながらの html 作成になる方が多いと思います。

コンテンツを作成中にリンクを貼る必要があれば、リンクタグを参照し、画像を貼る必要があれば、画像の html タグを参照しと、その都度作成する方法が一番簡単で実用的です。

html タグの書き方は、インターネット上にたくさんの辞典のようなサイトが公開されていますが、当サイトの場合も、サブドメインで html タグの入門辞典を公開しています。

グーグル検索などで、「リンクタグ html」というような検索をするか、もしくはある程度までhtmlタグを知っている場合は、「a href」のように直接htmlタグを検索すると便利です。

htmlの書き方には決まりがある

ただ、書き方自体には決まりがあり、あなたのホームページの最初の方で、htmlタグの書き方(DTD)が記入されているはずですが、xhtml や html 4.01 などのバージョンによって、若干の違いが生じてきます。

例えば、このページのソースの部分を確認してみると、比較的新しいバージョンではあるけれども、大文字・小文字の区別や終了タグが必要な「xhtml 1.0」での書き方をしています。

htmlのバージョンの確認

html タグの書き方については、一般的には、W3Cという国際的な非営利機関で決定されてはいますが、ウェブブラウザごとのズレやバグが存在するものの、実際には多少間違ってに書いていてもきちんと表示されることが多いです。

たとえW3C的に正しいhtmlを書いていたとしても、ブラウザのバグによってはズレて表示されることもあります。

W3Cで決まっていることだからというのではなく、あくまでもユーザーの視点にたって、どのような環境でも、なるべく閲覧しやすいようなウェブサイトの作成をするべきものと思います。

初めてのWEB作成 > WEB作成の第1歩 > WEBサイトの種類 > ドメインの取得 > レンタルサーバーの選択 > HTMLの書き方 > CSSの書き方 > WEBデザインの方法 > WEB作成と集客