ウェブサイトのドメイン取得

ウェブサイト作成はドメインの取得から

実際にウェブサイトを作成するにあたって、まずは独自ドメインを取得しましょう。

無料ホームページでも作成することができますが、やはり、自分の独自ドメインを取得されることをおすすめします。ドメインの取得自体は非常に安いもので、netやcomの場合、年間で1,000円未満が多いです。

無料で作成できるスペースも多いですが、ある程度真面目にウェブサイトを作成する場合、自分のドメインを取得しないと非常にもったいないと思います。

レンタルスペースによる提供サブドメインでは、広告を配信して集客する場合も非常に不利ですし、SEO的な面でもマイナスです。さらに、広告が挿入されるケースも多いです。もし、その広告スペースから月額1万円ほどの収益が発生しているとしたら、非常にばからしくなってくることかと思います。

自分でドメインを取得して、サーバーを借りたとしても、年額3000円程度から利用することができます。それを考えると、毎年10万円程度をレンタルサービス会社へ渡しているようなものです。月額1万円ぐらいというのは決してめずらしいケースではなく、アクセス数がある程度の規模になると普通に発生するものです。

たとえ、趣味で作成するようなウェブサイトでも、独自ドメインを取得してウェブサイトを作成することをおすすめします。

独自ドメイン取得のポイント

独自ドメインを取得する際のポイントとしては、ぶなんなドメインを取得するというのが一番です。

たとえば、日本語ドメインがSEO的によさそうとか、tv や cc ドメインがめづらしいなどで食いつかないことがポイントです。決してマイナーなドメインが悪いというわけではなく、一般的な jp や net や com ドメインの方が訪問者にとってはなじみやすいという意味です。

なるべく「短く、覚えやすいドメイン」ということが基本だと思います。

さらに、多少無理やりでも、関連キーワードをドメイン名に含める方がいいかと思います。例えば、当ホームページは「WEB作成」のコンテンツですが、「 web-html.net 」というドメインを取得しています。決してこれがいいというわけではないですが、適当な文字列よりは関連キーワードが入っている方がいいです。

さらにドメインの取得事業者を選択する場合でも、最低限はDNS設定が無料で自由にでき、代理登録してくれるところを選びましょう。移管手続きも簡単で、取得するのも譲渡するのも自由度がある指定事業者を選択することがポイントです。

レンタルサーバーを契約した際についでに取得するケースも多いかと思いますが、決して同じ会社で取得する必要はまったくなく、ドメイン取得とサーバー契約は別々の会社でも大丈夫です。

初めてのWEB作成 > WEB作成の第1歩 > WEBサイトの種類 > ドメインの取得 > レンタルサーバーの選択 > HTMLの書き方 > CSSの書き方 > WEBデザインの方法 > WEB作成と集客