WEBデザインの方法

見やすいデザインでWEB作成

ホームページがある程度完成したら、次はスタイルシートを使ってウェブデザインの改善をしましょう。サイトが数多くあるなか、WEBデザインのよしあしというのは一番、他のホームページを差別化をしやすい要素です。

「中身さえよければ、多少くずれたデザインでも読まれるものだ。」という考えもありますが、WEBデザインとサイトのページビューは機敏な反応を示すことが多いです。

画像が大きかったりして、ちょっとでもサイトのデザインが崩れているページがあると、離脱率というのは一機に跳ね上がるものです。

個人的な経験からいうと、WEBデザインがいまいちなホームページというのは、コンテンツ内容もいまいちなことが多いような気がします。

決して、フラッシュなどを使って、芸術的なWEBデザインがいいということではありません。あくまで文章が読みやすく、目も疲れず、リンクの先にどのようなコンテンツがあるのか予想が付くようなわかりやすいレイアウトを心がけることが大切です。

一見関連のなさそうなアフィリエイトの場合でも、ウェブデザインの要素は大きく関連してくるものです。ウェブデザインのいいサイトはページビューが多くなる傾向がありますが、一般的にページビューが多いほどアフィリエイトの成約率が高くなるものです。

そのような意味でも、ウェブデザインはなるべく、見やすく整理された状態にしておくことが大切かと思います。写真画像やイラストを使用できればそれに越したことはありませんが、CSSで色彩の配色にバランスをとったり、見やすいフォントサイズにするなどの工夫をすれば、ある程度は改善されるものかと思います。

初めてのWEB作成 > WEB作成の第1歩 > WEBサイトの種類 > ドメインの取得 > レンタルサーバーの選択 > HTMLの書き方 > CSSの書き方 > WEBデザインの方法 > WEB作成と集客