CSSの書き方

CSSはウェブサイトの見た目を表現するファイル

CSSというのは、スタイルシートのことで、ウェブサイトのデザイン的な見た目の部分を表現する重要なファイルになります。WEB作成の場合、htmlファイルとCSSファイルがあれば、サイトはとりあえずはひととおり完成します。

CSSファイルでデザイン面を一括で制御するファイルですので、サイトのそれぞれのページを修正しなくても、CSSファファイルだけを修正すれば、サイト全体を一括で修正することができます。

CSSは、一般的なホームページのほとんど場合で使われていますが、必ずしも必要なファイルというわけではなく、htmlに直接記入するという方法もあります。

ただ、非常に面倒くさい書き方になりますので、たいていのウェブサイトではスタイルシートとhtmlがセットになっているケースが多いです。htmlの書き方とCSSの書き方はまったく別ですので、それぞれの記入の仕方を覚える必要があります。


ブラウザによっては、スタイルシートの解釈の仕方が異なるケースがありますので、自分のブラウザではきちんと表示されていても、ほかのブラウザで見てみると、くずれて表示されているというケースも多いものです。

主に、IE6ではバグが多く、それぞれのブラウザで崩れないようなスタイルシートの書き方もいろいろ存在します。

当ホームページでは、サイトをサブドメインで分けて、CSSの入門リファレンスを作成していますので、こちらの方もご参照ください。

CSS初心者入門(予定)

初めてのWEB作成 > WEB作成の第1歩 > WEBサイトの種類 > ドメインの取得 > レンタルサーバーの選択 > HTMLの書き方 > CSSの書き方 > WEBデザインの方法 > WEB作成と集客