アクセスログの解析

サイト作成後のアクセスログの解析方法

ウェブサイトを作成した後は、アクセスログの解析がはじまります。

サイトを作成しだす際は、テーマやターゲットとする検索キーワードを決めると思いますが、作成後、実際にどのようなアクセスがあるかについてはアクセスログを見なくてはわからないものです。

意図していなかったキーワードによるアクセスがあれば、そのコンテンツの内容を充実させつつ、他のページも見てもらうようなサイトにすれば、ページビューも増加していくはずです。

アクセスログを解析する際、たいていはジャバスクリプトなどのアクセス解析ツールを導入しているサイトが多く、アドワーズとも連動している無料のgoogle analytics などが人気のツールです。

けれども、サーバーサイドで計測できる場合は、サーバーの「生ログ」を見ると、機械的なプログラムのアクセスも把握することができます。

google や yahoo のクローラーがどの程度やってきているのかや、どのipアドレスからのアクセスがどのページをどのくらい見て、どのページで立ち去ったのかが詳細にわかります。

google analytics などのアクセス解析は概要をつかむには適していますが、サイト運営者にとって重要なのは、どちらかというとサーバー側で保存されている生ログの方になります。

レンタルサーバーによっては、ログの取得が検索された参照元まで把握できないものなどもありますので、サーバーを借りるさいには必ずチェックするようにしましょう。

初めてのWEB作成 > WEB作成の第1歩 > WEBサイトの種類 > ドメインの取得 > レンタルサーバーの選択 > HTMLの書き方 > CSSの書き方 > WEBデザインの方法 > WEB作成と集客