初めてのWEB作成

WEB作成の方法を初めての人に

WEB作成の方法をお探しでしょうか?

ホームページで初めて WEB を作成をする際、html や css の知識がないと、何から手をつけていいのかわからないものです。当サイトでは、WEB作成の初心者さまへ実際の作成方法を順番に解説しています。


ウェブサイトには主にホームページとブログとがあり、用途や費用に応じてどちらかを選択するケースが多いです。ブログの場合は基本的に html や css の知識は必要ありませんが、ホームページを作成する場合は html の知識がある程度は必要となります。

そのほか、レンタルサーバーを借りる際のドメインの DNS 設定やリダイレクト設定など、付随する専門用語もある程度は理解できる必要があります。さらに WEB サイトを作成したあとも、アクセスを増やすには SEO 対策や広告配信よる集客などすることがたくさんあります。

当ホームページでは、これから初めてサイト作成をする際の基本的なステップを順を追ってできるだけ簡単に解説しています。

  1. ドメインの取得方法
  2. レンタルサーバーの選び方
  3. HTMLの書き方
  4. CSSの書き方
  5. ウェブデザインの方法
  6. WEBサイトへの集客方法

ホームページでのWEB作成方法

最近ではブログやツイッターなどのWEBサイトが人気になっていますが、ここでは主に、ホームページでのWEB作成方法についてご紹介しています。

個人サイトと企業サイトではホームページの作り方にも大きな違いがあり、企業サイトの場合は商品やサービス販売のための商用サイトの構築がメインになるので、独自SSLやセキュリティー対策など個人情報の面での信頼性が必要になってきます。

この場合、自分でサイトを作成するには無理がありますので、専門のホームページ制作会社に依頼することをおすすめします。

当ホームページでご紹介している方法は、主に個人の方がある程度の時間と費用(年間3000円程度)をかけて、初めてホームページを作りたいという人向けのコンテンツ内容となっています。

ただ、企業の場合であっても、小規模なお店のホームページや簡単な会社情報を公開するサイトを自分で作成する場合にも応用できる内容ですので、参考になればと思います。

お金をかければかっこいいホームページもできるかと思いますが、シンプルで見やすく、情報量の多いホームページの方がアクセスは多いものです。

ヤフーや楽天などのサイトをみても、それほどフラッシュや動画などを多用しているわけではなく、アクセシビリティーの高いウェブサイトになっています。

ウェブサイト作成の際には、何よりも訪問者にやさしいサイト構成にすることが何よりも大切かと思います。

初めてのWEB作成 > WEB作成の第1歩 > WEBサイトの種類 > ドメインの取得 > レンタルサーバーの選択 > HTMLの書き方 > CSSの書き方 > WEBデザインの方法 > WEB作成と集客